会社に電話がこない即日融資の確認審査

questionnaire-2834264_640

消費者金融系や銀行系のカードローンを利用して「即日融資」を受けるためには、まずは申し込み先のカードローン会社と契約する必要があります。

契約が完了しなければ即日融資も何もないので、まずは何よりも「契約できるための準備」をすることが重要です。

しかし、契約するに当たって「審査の段階で会社に在籍確認が入る」ため、利用者の中にはこの在籍確認に対して非常に大きなストレスを感じていることが少なくありません。

在籍確認の方法は基本的に「会社で電話連絡」で行われ、審査を通過して在籍確認も完了することで融資が実現します。

審査を通過していれば在籍確認は後日行うと言うことも可能ですが、その場合は確認完了まで融資が保留されることもあります。

在籍確認自体を無くすことは出来ませんが、「電話以外の方法で確認を行う」と言うことは可能です。

例えば、会社へ連絡されると大きな問題が発生する可能性がある場合や、会社が休みで当日中に確認が取れないような状況では即日融資を利用できなくなる可能性が高いのですが、そのような場合でも「書類で確認を行う」という方法があります。

書類による在籍確認に関しては対応してくれるカードローン会社が分かれますが、対応可能なカードローン会社であれば必要書類を提出して滞りなく確認が完了すれば即日融資を利用することが出来ます。

提出書類は「給与明細」「確定申告書」「納税証明書」「社会保険証」「組合保険証」などであることが多い為、あらかじめこれらの準備をして申込みを行うようにしましょう。

即日融資と独自審査について

即日融資をしてもらうことのできる業者の前提として、独自審査をしていることが挙げられます。独自審査とは、融資を行う業者自身が審査をすることです。申し込んでからその情報を別のところでやり取りをする必要がないため、即日融資を可能としています。

お金を貸しているところはすべて独自審査なのではないかと思う方もいるでしょうが、実はそうではありません。銀行のカードローンは、審査をするのは保証会社で、銀行自身が行っていません。そのため、即日融資が行われるところはゼロではありませんが少なくなっています。

即日融資を可能としている独自審査は、ある程度機械的になっています。それも、審査の時間を短縮させているため、即日融資に貢献しています。

具体的には、スコアリング方式が用いられています。スコアリング方式とは、点数で申し込んだ人を評価して、それをもとに自動的に融資の可否や枠が表示される物です。

最終的に貸すかどうかなどの判断は人がチェックをしますが、これが前提となっているため、かなり時間短縮になっています。

このように、即日融資を受けられるのは、独自審査が設けられていて、その審査自体もスコアリング方式によって効率化されているからです。そのおかげで、すぐに審査が終わり、借入が可能となります。

そのため、このような方式を導入していない業者の場合は、審査に時間がかかってしまい、即日融資を受けることは難しくなります。したがって、急いでいる方は該当の業者を利用しましょう。

会社に電話がこない即日融資の確認審査