事前に知っておきたい即日融資のデメリットとは

damedame

当たり前のことではありますが、即日融資を希望する人というのは、お金に困っていて大急ぎで借り入れがしたい人です。

ですからその人は、基本的に「今すぐにでもお金を借りたい」ということだけで頭が一杯になってしまっているような状態なのです。ということは、金利や利息の支払い負担、それにお金を借りた後の具体的な返済計画については疎かになってしまう恐れがあるのです。

これが即日融資を利用する際の最も大きなデメリットと言えるでしょう。ですから、たとえどんなに大急ぎであったとしても、心を落ち着けて借り入れに臨まなければなりません。

確かに大急ぎでお金を借りることは難しいことなのですが、借りたお金を安全に返すこともまた、それに負けないくらいに難しいことなのです。ですから即日融資を利用する場合ほど、いつも以上に念入りに事前の返済計画を立てるようにしましょう。

そうすることでデメリットを軽減できます。また、急いで即日融資の会社探しをしていると、つい、金利が高い会社を選んでしまう可能性が高くなります。それも厄介なデメリットの一つです。

何しろ大急ぎで会社探しをしていると、慌てたり焦っていたりしますので、高金利でも簡単に妥協してしまうことが多いのです。

それからもう一つのデメリットは、金利が高いどころの話ではなくて、闇金などの違法な悪徳金融に引っ掛かってしまう危険性の高さが挙げられます。

普段なら絶対に騙されない人でも、急いでいる時には騙されてしまう危険がありますので要注意です。

19歳でも即日融資は利用可能?

19歳ぐらいになると既に社会に出て自分で稼いでいる人がいる他、学生であったとしてもアルバイトをしていて収入がある人もいます。

一般的な銀行や消費者金融の場合は、最低条件としてはアルバイトでも良いので定期的な収入がある事で、学生であっても借りる事が可能となっています。

それでは19歳でも収入があれば即日融資で借りる事が出来るのかというと、もう一つ条件があるのでそういう訳にはいかないです。一般的な即日融資可能なキャッシングは20歳以上であることも条件となっているので、19歳では断られてしまうのです。

19歳というともうほとんど大人と同じですが、それでも未成年である事には変わりなく、未成年の契約だとトラブルがあった場合に面倒もある事から貸してくれるケースが少ないのです。

ただ、19歳だと即日融資が不可能という訳ではなく、一部の学生向けのキャッシングでは18歳以上ならば融資対象としているので即日融資でも借りる事が出来ます。

あくまでも学生向けのキャッシングであるために高額な貸し付けは行っておらず、多くても50万円程度までとなっています。

また、キャッシングの中には悪質な業者もあるほか、お金に困っている人を狙った詐欺である事も考えられます。いくら好条件であったとしても実店舗もないような怪しい業者からはお金を借りようとはしない方が良いです。

お金を借りる事が出来ないどころか却ってお金を取られてしまう事もありますし、お金を借りる事が出来ても違法な高額請求をされる可能性もあるからです。

土日にお金が足らなくなったときの即日融資

04

金曜日についつい、使いすぎてしまって、お金が足りないという方も多いのではないでしょうか。土日の申し込みで即日融資ができるところも実は、あるんです。

お金って、年がら年中必要なものだから、即日融資は、土日でも行っている金融機関もあります。これは、結構、助かる方もいらっしゃることでしょう。

でも、土日の申し込みでの即日融資は、平日とは異なり、注意する点がいくつか有ります。自社ATMを使うこと、これは、土日はコンビニのATMでは無理で使えないところも幾つかあります。ATMの手数料を取られることがあります。平日よりも、高くなるからです。

思い切って、休んで寝正月のように過ごしてしまっていても問題はありません。土日は申込み期間が短いのが特徴になります。平日よりも早く締め切られることがあるので、注意が必要です。

即日融資に関しての注意点は、結構ありますね。ついつい便利なのですが、土日にバイトを入れて、節約をすることもできますよ。

日雇いなどのアルバイトもあるので、それで、お金を節約なさることをお勧め致します。まあ、土日の方が、借りにくいし、結構大変なので、金曜日に使いすぎてしまったときは、土日はオフにしちゃおうという感覚の方がいいかもしれませんね。

土曜日は朝帰りして、日曜日にまた出かけようと無理に計画を立てずに、日曜にオフしちゃう感覚も少し大切かもしれません。でも、人気があるところも幾つかあって、ネットから借りる方法もあるんですよ。