プロミスで50万円借りる際の審査について

消費者金融業者からお金を借りる、いわゆるカードローンを使用されている方は多いでしょう。今やCMでもよく放送されていますね。中でもプロミスは知名度が高く、有名な業者の1つです。

今回はそのプロミスで50万円を借りる際の審査について解説致します。

まず、50万円というの大きな額ですよね。ただ、消費者金融業者を初めて使用される方でしたらまず審査に落とされる可能性は極めて少ないです。それは、初めてという方は滞納及び遅延する事がまずない、或いは少ないと言われているからです。

貸す側からみれば、時間は掛けてでもちゃんと返す事を約束してくれるだろうかという点を1番気にします。そこでまず、発注者から借入根拠をはじめ、使用目的、返済方法を聴取します。

更にプロミスだけではありませんが、他にも消費者金融業者からお金を借りていないかを調べる事だってできます。万が一既に返済を行なっている業者が1社以あったとしたら、この人は本当に返す事を約束してくれるのだろうか…と疑ってしまいますよね。

したがって、50万円という大きな額をやむを得ず借入する場合は、初めてであってもそうでなくても明確な根拠、使用目的及び返済方法を相手に正確に伝える事が重要だと言えます。

また、なるべく他のところからもお金を借りて返済を行なっているという状況は避けるようにしましょう。信頼性に欠ける原因となってしまいます。

プロミスで50万円を借りる際の審査について解説してきました。大きな金額を借りるという事はそれを返す事を約束するという義務があります。借りた物はちゃんと返す、当然の事です。約束を守ってくれる人かどうか、それをプロミスは1番気にしています。

今、本当に50万円もお金が必要ですか?今一度確かめ、やむを得ず借入する場合は返済に責任を持って行動を起こす事が大事ですね。

プロミス審査の派遣社員の注意点

プロミスでお金を借りる際にも、他社と同じように審査があります。大手であることからきっちりとした審査を行っています。

正社員である場合は問題が無いのですが、派遣社員やアルバイトの場合、正社員に比べて安定していないことから限度額が低くなったり、審査が通りにくいことがあります。

派遣社員の場合、法律により一つの職場で働く事は原則として3年までとされています。勤務年数も審査に考慮されますので、年数が評価される頃に契約が終了してしまいます。

しかし審査に通るためのテクニックがあります。書類には職業や勤め先を記入する欄がありますが、雇用形態を尋ねるものではありません。

例え正社員であっても正社員と書く事は無いのです。そのため、プロミスの審査を受ける時は、契約している会社の名前と勤め先を記入すれば問題はありません。

収入証明が必要ですが、その書類にも勤め先についての記述はありませんので、派遣社員であることを知ることは基本的にできないのです。

仮にプロミスから会社に在籍確認の電話などが行っても、雇用形態については個人情報保護から答えられることはありません。

これらのことはプロミス以外の会社でも同じことが言えます。どのような働き方をしているかよりも結果として安定した収入があることが求められます。

過去に事故がないかや、他社での借り入れが嵩んでいないかを注意し、借りた際には遅れることなく返済するよう心がけましょう。長く利用することで限度額が上がることがあります。

プロミスで50万円借りる際の審査について